人気ブログランキングに挑戦中、是非ご協力ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB400SFでJMCAの付いたマフラーは意味なし!

本日はもう一つ・・・

先日、JMCAの規格をクリアしているスリップオンマフラーの付いた
2007年式HONDA CB400SFの車検を依頼された。

CB400SF社外マフラー07

お客さんはJMCAのプレートが付いているから問題なしと言っていたが
実はそれだけで車検は通らない・・・

現行の車検制度では
このプレートに効力はなく糞の役にも立たない・・・
これプラス
”排気ガス検査レポート”と呼ばれる
紙切れが必要なのだ!

このマフラーを作ったのは”MORIWAKI”

CB400SF社外マフラー08

おそらくJMCAやVIAに
とんでもない額の申請料金と検査料金を取られて
取得したに違いない・・・

それなのに車検を行っている
独立行政法人とJMCAは全く違う団体なので
その間のやり取りもなく
唯一証明するものは
天下りの団体が発行した紙切れなのだ!・・・(許せん

しかも、旧排ガス規制と現行排ガス規制の違いがあっても
車両そのものの形は全く同じなのに
車検場では
隣に並んだ同じ形のCB400SFは年式が古くて問題なく車検に合格し
俺の持って行った車両は初めての車検で新しいのに
レポートの提出をするか
ノーマルに戻さないと検査を保留されてしまうのである。

CB400SF社外マフラー11

環境の問題を考えると排気ガスの規制は良いことなんだけど
VIAとか天下り団体のやっていることは本当に許しがた~い!

ちゃんと連絡が取れていて
そのルールをすべての人がわかるようにしてれば
陸運事務所に行くのも1度で済む・・・
たとえばインターネットに
触媒についてとか
車両の主要諸元
排気音量とその回転数など
車検場で必要なあらゆる情報を掲載しておくとか・・・

こんな事に使われる労力とその間に排出される排気ガスなんかは
持って行った人が知らないせいなんだって

これこそが不景気の根本的原因・・・

官僚たちが環境問題を机上の空論で仕切ろうとするから
こうなっちゃうんでしょ!

結局、ご覧のようにノーマルに戻して
再度、陸運事務所に行く・・・

CB400SF社外マフラー01

こうしないと車検が通らないということは
もし、この車両のオーナーさんが
首都高なんかでやっている改造車検問に遭った時は
排気ガスレポートを持っていないととても面倒なことにあるということ

たぶん、同じようにノーマル戻しをするか?
後日レポートを持って陸運事務所に行き
車検のような検査をしなければならなくなるはず

官僚さんたちがこのブログを見ていたら
そこんとこよ~く考えてね!
(お勉強以外は出来ない人たちだから現実を見るのは無理なのかのしれないけど・・・)

さて、現実というところでは
今後、現行排気ガス規制にかかる車両を
車検場に持っていく方は
気おつけましょう!

そして、排気ガス規制のなかった
1999年以前に製造された車両を持っているライダーの方たちは
大事にしてくださいね!

四輪でも
その昔、排気ガス規制が始まった以前の車両は
改造自由のストレートパイプOKの名車が貴重となっているので
十数年先にはとても貴重な車両になるはずです。

本日の愚痴はここまで。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mcblackjack

Author:mcblackjack
バイクに乗り始めて30数年
親戚のおじさんが全日本MXチャンピオンのSPさんと友人だったのがきっかけかも?
自分で乗るのはそんなにうまくない
18歳でバイク屋さんのでっちとなり
一時は国際A級のメカニックなんかもして
プライベーターなのに年間ランキング2位を獲得するチームだった。
バブルの時代に生きていたので
海外で仕事したり、大手の企業に潜り込んだり
人の言うことなんか聞かないので
人生浮き沈みの激しい、大馬鹿ヤローでございます。

最近つき合っている人たちは、
「バイク変態」なんて讃えてくれますが
軽々しく「バイク変態」なんて呼ばずに
「筋金入りの、バイク変態」と呼んでほしい
今日この頃です。

このブログをみて
共感していただいた事やむかついた事など
どしどしご意見いただければ幸いです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。