人気ブログランキングに挑戦中、是非ご協力ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドから?のお客様 ロイヤルエンフィールド

本日はGハウスさんよりご依頼のあった車検のロイヤルエンフィールドについて

ロイヤルエンフィールド 001

もともとのロイヤルエンフィールドはイギリス製だったと思う
でも現行で走っているロイヤルエンフィールドの
ほとんどがインド製なんですね。

今のHONDAとかYAMAHAのスクーターなんかが台湾や中国で作られているのと同じような感じ

歴史は繰り返されているんですね!

昔、イギリスではクラフトマンシップなんて言って
日本の職人気質みたいなものがあったんですね。

作った側にも凄いプライドがあるんで
ロイヤルなんてブランドになってる。
ロイヤルエンフィールド 002

今のイギリスにはクラフトマンシップなんてものはほぼ消滅しかかっている。
一部の人が頑固に守り続けている程度
これも日本の職人と通じるものがありますね~

利益を優先して成長し続けなければいけない
資本主義では仕方ないんですね。

ロイヤルエンフィールド 003

このバイクってそんなに古くないのにエンジンとかも
当時のままの形
でも、中身はイギリス製よりだいぶマシになってる
インドの人はメチャメチャ頭の良い人が多いらしい?から
細かいところは少しずつ変更されているんでしょうね、きっと?

そう考えれば古いものと新しいものを組み合わせて
とても良い進化をしてるような気がしてきた

これのオーナーさんは地方から東京に引っ越して
どこのバイク屋さんに行っても扱ってもらえないという、
とても可哀相な事になってる
バイク屋さんでもそのイメージは古いバイクのままなのだ!

そりゃ日本車と比べれば面倒かも知れないんだけど
チャンとしてやらなきゃ
走るものも走らなくなってしまう。

ロイヤルエンフィールド-007

あと50年もすると
HONDAやYAMAHAのバイクなんて、どこも扱ってくれるところが無~い!
なんて事にならないといいですね!

ま~歴史は繰り返されますから気おつけないと!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mcblackjack

Author:mcblackjack
バイクに乗り始めて30数年
親戚のおじさんが全日本MXチャンピオンのSPさんと友人だったのがきっかけかも?
自分で乗るのはそんなにうまくない
18歳でバイク屋さんのでっちとなり
一時は国際A級のメカニックなんかもして
プライベーターなのに年間ランキング2位を獲得するチームだった。
バブルの時代に生きていたので
海外で仕事したり、大手の企業に潜り込んだり
人の言うことなんか聞かないので
人生浮き沈みの激しい、大馬鹿ヤローでございます。

最近つき合っている人たちは、
「バイク変態」なんて讃えてくれますが
軽々しく「バイク変態」なんて呼ばずに
「筋金入りの、バイク変態」と呼んでほしい
今日この頃です。

このブログをみて
共感していただいた事やむかついた事など
どしどしご意見いただければ幸いです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。