人気ブログランキングに挑戦中、是非ご協力ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DT1のクランクケースカバーを磨いてみた。

本日はDT1のクランクケースカバーを磨いた時のお話。

古いバイクのケースカバーとかって
すぐにクスんでしまう。
DT1Fケースカバー02

ある時代からは
最初はクリや―の塗装がされているんで
綺麗なんだけど
当時の塗装は今と違って
とてもモロい!
当然、汚くクスむ!
DT1Fケースカバー04


だから、ピカールとかコンパウンドで磨いて
ピカっと光ってると
なんか偉い感じがする。

耐水ペーパーで擦ってから
バフ機で磨くと
DT1Fケースカバー08
ヘアラインが良く映ってますね!

さらに細かい耐水ペーパーで磨いて
バフ機をブーン!
DT1Fケースカバー09
だいぶ良くなる!

でも、納得いかないので
さらに細かい耐水ペーパーで磨いて
もう一回バフ機をブィーン
DT1Fケースカバー11
右は2回
左は3回

画像では解りづらいくらい
ちょっとずつだけど
だんだん良くなっていきます。

このくらいやると
手首が疲れてきちゃうんで
とりあえず少しお休み

また元気になったら
あと2~3回くらいやると
バフ屋さんに格安でお願いしたくらいにはなる。

本職は凄いんですよね!


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 「元気でるかな~」

なんだか・・・        ず~いぶ~ん? ご無沙汰?・・     な        気も・・・ も~めんどくせ~!     から・・     BLOGなんか! 辞めちゃ?・・・   な     噂・・    も いえいえ・・・    あはは・・...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

お疲れさんです。

キックペダルはゴミ貯めの捜索により発見しました。

> Fスプロケカバー後側をくりぬき造形?に
についてはサンダーで荒っぽく行っていいなら
お任せください。

繊細な作業を求めるなら
五十嵐君やらBODYLINEさんのような
丁寧な作業のできる人たちの方が
向いているかな?

マジックで切る所の線だけ入れるのは得意だよ・・・

> 業務連絡・・・
この件は週明け月曜日もしくは火曜日か
明日土曜日で段取りしていただくと
助かります。

日曜日は3連戦の最後・・・

これが本番レースなので
申し訳ないけどご勘弁を~
という事でお願いします。

よろ!
> トラックバックいただきありがとうございます。
> キックペダルの確認もヨロピク~
> あっ・・昨日気が付いたんだけど
> スペア土間土間エンジン・・あれね・・
> Fスプロケカバーの後ろのネジんトコ・・
> クランクケース側が欠落してて ないのよ~ん
> なもんで・・ はげおやじのJXみたいに
> Fスプロケカバー後側をくりぬき造形?に 
> したり・・しても・・したほうが・・ なんて・・
> 思ったりしてみたり  でしたな~
>
> 業務連絡・・・
> 昨晩お電話の件も宜しくお願いいたしますです。
> 集金も・・少な~いけどあるよ・・ 

No title

トラックバックいただきありがとうございます。
キックペダルの確認もヨロピク~
あっ・・昨日気が付いたんだけど
スペア土間土間エンジン・・あれね・・
Fスプロケカバーの後ろのネジんトコ・・
クランクケース側が欠落してて ないのよ~ん
なもんで・・ はげおやじのJXみたいに
Fスプロケカバー後側をくりぬき造形?に 
したり・・しても・・したほうが・・ なんて・・
思ったりしてみたり  でしたな~

業務連絡・・・
昨晩お電話の件も宜しくお願いいたしますです。
集金も・・少な~いけどあるよ・・ 

DT1

おぉ~!
ピッカピカ◎
エンジン直ったら、右側もお願いしまーすね( ^ー゜)b

No title

そんな調子で 頑張ってくださいませ。
クランクケースカバーがピカピカになる頃には・・
きっと  あなたの心も・・・
傷は消えなくも・・ 光り輝くことでしょう・・・ 

あ~素敵~ (爆~!)
Pagetop iv>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mcblackjack

Author:mcblackjack
バイクに乗り始めて30数年
親戚のおじさんが全日本MXチャンピオンのSPさんと友人だったのがきっかけかも?
自分で乗るのはそんなにうまくない
18歳でバイク屋さんのでっちとなり
一時は国際A級のメカニックなんかもして
プライベーターなのに年間ランキング2位を獲得するチームだった。
バブルの時代に生きていたので
海外で仕事したり、大手の企業に潜り込んだり
人の言うことなんか聞かないので
人生浮き沈みの激しい、大馬鹿ヤローでございます。

最近つき合っている人たちは、
「バイク変態」なんて讃えてくれますが
軽々しく「バイク変態」なんて呼ばずに
「筋金入りの、バイク変態」と呼んでほしい
今日この頃です。

このブログをみて
共感していただいた事やむかついた事など
どしどしご意見いただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。