人気ブログランキングに挑戦中、是非ご協力ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB350Four(サンハンフォア)の放置エンジンから部品取り出来るか?

片付けのきっかけにもなった
ゴロゴロと転がっていたエンジンたち。

なぜ転がっていたかと言えば部品取りをする為。

では、転がっていたCB350Fourのエンジンからは
まだ部品取りが出来るのだろうか?

今回は、全く使い道のないCB350Fourのエンジンを
バラバラにしてオークションに3日間出品。

落札された時点でその部品は、
部品取りとして成立したとみなし、
落札されずに売れ残ったものを部品取りできなかったものとして、
どんな部品に需要があるのか検証してみたい。

まずは転がっていたCB350Fourエンジン。

CB400FOUR エンジン01

部品取りのために入手しオイルパンと右のポイントカバーだけ部品取りした。
画像はタペットキャップをすでに外したところからである。

ヘッドカバーを外すとカムシャフトさんがこんにちは

CB400FOUR エンジン02

油分を拭き取って確認すると
古いエンジンなのでさすがに
ジャーナル部分の当りはそれなりに有るものの
虫食いやクラックは無いので使えそうである。

CB400FOUR エンジン38

カムシャフトとヘッド本体を外すとシリンダーさん現れた

CB400FOUR エンジン04

一気にシリンダーも外すと今度はピストンさんが現れた

CB400FOUR エンジン06

さすがに昔のエンジンは
当たり前のように
オイル上がりやオイル下がりを起こしている。

CB400FOUR エンジン09

まるで焼き付いているように見えるピストンだが、
お掃除をしてみると

CB400FOUR エンジン46

ピストンリングは劣化のせいで折れてしまったが、
ピストン本体には大きな傷は無い。

シリンダースリーブの傷も確認してみるが
問題無さそうである。

CB400FOUR エンジン12

残念なのは・・・

CB400FOUR エンジン17

転がしてあったのでフィンに欠けている所が有る。

クランクのビッグエンドにガタが無いか?も確認。

CB400FOUR エンジン57

これも問題なし。

その後、腰下もバラしていくと
クランクシャフト、

画像 047

ミッション、

画像 045

クラッチ、

画像なし・・・(忘れた)

オイルポンプ、

画像 023

ポイント、

画像 031

ジェネレーター、

画像 011

セルモーター、

画像 006

クランクケース

画像 056

などの部品となった。

ヘッド周りセットとシリンダー&ピストンセットをまとめて
全10点を明日の午前中から3日間オークションしてみて
結果を待つとしよう。・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ありゃ?本当だ・・・

この画像は350FOURのシリンダーで撮っちゃってるね!

シリンダーも398だの、408だのいろいろ転がってるので
よく確認してみまーす。

> バッらバラ~  ごくろうさまですた。
>
> 博士・・・  シリンダーに・・  398じゃなく・・・ 347?とな・・
>
> シート下に自然燻製一歩手前・・ な  鮭・・ 
> 思い出してみたり・・
>
> そうそう・・
> 2.3・・ 頼みたいことがあったんだけど・・
> 全部は思い出せない今日この頃なんで・・・
> お暇な時にTELくだされ・・
> こんなとこで 業務連絡にて ど~もすみまそん。

No title

バッらバラ~  ごくろうさまですた。

博士・・・  シリンダーに・・  398じゃなく・・・ 347?とな・・

シート下に自然燻製一歩手前・・ な  鮭・・ 
思い出してみたり・・

そうそう・・
2.3・・ 頼みたいことがあったんだけど・・
全部は思い出せない今日この頃なんで・・・
お暇な時にTELくだされ・・
こんなとこで 業務連絡にて ど~もすみまそん。
Pagetop iv>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mcblackjack

Author:mcblackjack
バイクに乗り始めて30数年
親戚のおじさんが全日本MXチャンピオンのSPさんと友人だったのがきっかけかも?
自分で乗るのはそんなにうまくない
18歳でバイク屋さんのでっちとなり
一時は国際A級のメカニックなんかもして
プライベーターなのに年間ランキング2位を獲得するチームだった。
バブルの時代に生きていたので
海外で仕事したり、大手の企業に潜り込んだり
人の言うことなんか聞かないので
人生浮き沈みの激しい、大馬鹿ヤローでございます。

最近つき合っている人たちは、
「バイク変態」なんて讃えてくれますが
軽々しく「バイク変態」なんて呼ばずに
「筋金入りの、バイク変態」と呼んでほしい
今日この頃です。

このブログをみて
共感していただいた事やむかついた事など
どしどしご意見いただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。