人気ブログランキングに挑戦中、是非ご協力ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RM125の再生?点検だね!(その8)

ここ数日ブログを更新できなかった。

理由は忌々しいi-tuneをダウンロードした途端に
10年前のコンピューターか?と思う位に動きが悪くなってしまったのだ。

こんなのあり・・・?

とりあえずブログ用のコンピューターと
i-tune用のコンピューターを別々にする事にした。
一時的に解決だが
この不調はアップル社がマイクロソフト社に
嫌がらせをする為に仕組んだものとしか考えようがない。
きっとMACユーザーには何の問題も無いに違いない・・・

友人のAUはすぐに同期出来たというから
ますます怪しい・・・

そんな人は俺だけなのだろうか?

まあ愚痴っていても仕方が無いので
本日の作業RM125のスイングアーム取り付け。

まず、ダメになったベアリングを外す

RM125 02

錆と一緒にぐずぐずになったベアリングがポロリ~んと取れた・・・

ピボットの中身に損傷が無いか確認する・・・

RM125 01

国産の製品は材質もしっかりしているので
悪くなる事はほとんどない・・・

モンキーなどで中国製の安い部品を使っている人は
見た目に騙されているので要注意だ・・・

元に入っていたのと同じ位置までベアリングを圧入する・・・

RM125 13

ダストシールとカラーを入れて・・・

RM125 15

最後にイン側のキャップをすれば出来上がり・・・

RM125 17

当然だが取り付け前に掃除をして
取り付け具合を確認しつつ・・・

RM125 19

ピボットシャフトを入れればスイングアームの作業は終了である・・・

RM125 20

続いてインテーク・・・

リードバルブを確認する・・・

RM125 21

エンジン側から光にかざして
隙間が見えなければ大概は問題無い・・・
まれに付け根の部分にクラックが入っている物もあるが
こいつは大丈夫だ。

RM125 23

インシュレーターは古くなると
ゴムが劣化してひびが入る

このインシュレーターは問題無いので
お掃除だけでOK!

RM125 25

インテークまでは問題無し・・・

RM125 26

キャブレターは後日紹介する予定なので
本日はリヤブレーキ周りに手を付けた・・・

RM125 27

何回も言うが洗わずにはじめたので
こいつもドロドロ・・・

RM125 30

もちろんキャリパー側も同じ・・・

RM125 29

全てを綺麗にして取り付ける・・・

RM125 31

これでスイングアームより後ろ側に
触っていないところは無くなった。

要するに
確認・清掃・交換or修理
の連続こそが整備であると改めて思う
今日この頃だ。

本日の作業はここまで。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

やはりアップル社の陰謀か・・・

i-tuneはカッティングプロッター用のMACに
設定しなければいけないのね!

やっと音楽をi-phoneに入れる事が出来たところだけど
ブログの更新をi-phoneでやろうとしたら
勉強する間はブログそのものの更新が出来なくなっちゃうかも?

そもそもMACではイラストレーターしか使った事無いし・・・

古い人間には酷な世の中ですな~。

> i-tune・・・
> おんなじことが過去にありましたな~
> ウチの古いVAIOではCDの読み込みが不可能になったり・・
> なんで わたくしは 今のPCからi-tuneは削除してますな~
> Appleの更新には必ずくっついてきますけどね~
> あ~ ウチのBlogが更新されてなかったのは
> まったく(笑)別・・の 理由ですけどね~

No title

i-tune・・・
おんなじことが過去にありましたな~
ウチの古いVAIOではCDの読み込みが不可能になったり・・
なんで わたくしは 今のPCからi-tuneは削除してますな~
Appleの更新には必ずくっついてきますけどね~
あ~ ウチのBlogが更新されてなかったのは
まったく(笑)別・・の 理由ですけどね~
Pagetop iv>
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

mcblackjack

Author:mcblackjack
バイクに乗り始めて30数年
親戚のおじさんが全日本MXチャンピオンのSPさんと友人だったのがきっかけかも?
自分で乗るのはそんなにうまくない
18歳でバイク屋さんのでっちとなり
一時は国際A級のメカニックなんかもして
プライベーターなのに年間ランキング2位を獲得するチームだった。
バブルの時代に生きていたので
海外で仕事したり、大手の企業に潜り込んだり
人の言うことなんか聞かないので
人生浮き沈みの激しい、大馬鹿ヤローでございます。

最近つき合っている人たちは、
「バイク変態」なんて讃えてくれますが
軽々しく「バイク変態」なんて呼ばずに
「筋金入りの、バイク変態」と呼んでほしい
今日この頃です。

このブログをみて
共感していただいた事やむかついた事など
どしどしご意見いただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。